gallery

SOOM repo-JUN 2009 MD-Eliv&Iv
 六月のMD"Eliv&Iv"、全力でお買い上げを決めていたので、展示開始初日に撮影に行って来ました。いつも必ずMDの展示期間中は行くのですが、自分が買うときはかなり早めに行くというこのバカ正直が! ということで、今回も素人が写真撮るとこんな感じですよな画像マジックなしのサンプルとしてお楽しみください。店舗内暗めなので明るめの画像はフラッシュたいてます。
 Iv。商品画像だとあまり意識しませんでしたが、目元のメイクにはっきりとブルーが入ってるのがわかります。でも全体的に顔色は良いです(笑)。
 Eliv。こっちも目元にブルーは行ってますが、なんとなく男の子よりは目立たない印象が・・・てウィッグで見えないからか・・・な・・・? 二人のメイクの差はなんとなく使ってる色合いが違うような、くらいの違いでほとんど変わりません。
 店頭での展示風景。足元が相変わらずもけもけです(笑)。
 貝耳〜奥に行くに従って肌色に近い色がグラデーションでペイントされてます。Topazのときも同じようにクリアレジンと通常の肌色レジンとの境目をぼやかすメイクがされていました。
 Topazを注文したとき、ボディメイクは頼まなかったので、てっきりクリアレジンの耳と足と手はクリアなまま届くと思っていたのですが、それが違ったので驚きました。ここまでやってくれるんだ〜と。で、今回はどうなんですかね・・・やっぱりクリアレジンのグラデメイクをしてくれるものなのでしょうか?とスタッフさんに聞いてみたところ・・・、Topazの頃のSOOMと今のSOOMとではオーダーの数が桁違いなので、おそらく耳のペイントはボディメイクをオーダーした人のみが受けられる特典になる可能性が高いとのことです。実際にどうなるのかはオーダーの数に左右されそうですが、グラデが欲しいようならペイントを頼んだ方が良さそうです。
 今までのちびっ子のローブと違い、今回の二人はオーガンジー素材なので透けてます。実物のほうがより透けて見えました。あ〜衣装悩むなぁっ。
 女の子の衣装のほうが装飾が多くてかわいいのですが、色のバランスは男の子の衣装のほうが良いんですよね・・・あーうー。
 Glot&Glati以降に販売されるTeenieシリーズはリニューアルされたボディで届きますが、過去のデザインと一番違うのは腿の付け根で、左右に回転させて角度が付けられそれを固定することができます。文章で説明するのは難しいですが〜かいつまんでいうと、ポージングの自由度と固定力が格段に上がっているということだそうです。
 クリアレジンパーツはグラデペイントがされているとはいえ、そんなにすっきり透明感!というような感じではありませんでした。商品画像だとバスクリンのお風呂くらいに透明度がありそうに思えましたがそうでもなかったです。
 展示されている間はスタンドが使われていましたが、この二本足でしゃっきり立ってましたよ。そのあたりやはりかなり工夫して作られてました。
 水かき具合。やっぱちょっと怖い気もする(笑)。色がピンクなのでそんなに意識しないかもしれませんが、これ色が黒かったり濃い緑だったりしたらかなりキますねきっと。
 う〜ん、手にペイントしてあるってことは、かなり擦ってしまいそうでもったいないかも。なんだかんだ手先って汚れるので、よくSDの手をピカッときれいで擦る私にとっては手ごわそうな仕様です。
 手の甲よりも、手首の付け根の鱗がリアル〜。立体感のすごさは確かに、ですが、やっぱ微妙に怖い。そこが好きですけど(笑)。
 ローブの裾がふにゃふにゃ〜っとなってます。え? わかりにくい? えーと・・・まっすぐにカットされておらず、波打ってカットされてるってことです〜。
 「両足を揃えて裏から見るとお花になるんですよ〜」と教えてもらってたので早速実践していただきました。おー確かに、なんかの花っぽい。
 折角なのでアオリも。
 こっちもアオリで。
 横からみるとけっこうほっぺたがふっくらしてます。でもうぶ肉というほどにはついてないかな〜個人的にはこれがギリギリの線とも言う(笑)。
 お、このヘッドはこの角度が一番かわいい気がする!
 今回は二人だったので画像多めでございました〜どうですか〜かわいいですよね〜ふふ〜(すでにメロメロ)。今回は片方だけ、ピンクなElivちゃんだけオーダーいたします〜。今年中に来るかな・・・もう名前も設定も決めてんだ、アタイ。
 というわけで、遠方にお住まいだったり、忙しかったりで見に行けない方の何かの参考になれば幸いです。


free counters