store report

LUTS-JAPAN
 祝LUTS JAPAN開店〜と言いつつ、店舗の営業が土曜日限定な上にその土曜日も毎週開店してるわけじゃないのでなかなか行けず、やっと行けたのは五月に入ってからでした。ということで店内のレポ開始〜。ちなみに、地図を出して行ったにもかかわらず、めちゃくちゃ迷いました。方向音痴にもほどがありますが、本当にわかりにくい場所にあるんです〜。
 画像は店内どまんなかに設置されや撮影スペース。ちなみに、LUTSの撮影スペースはLUTS以外のドールを持ちこんでの撮影がOKとなっております。実際いろんなドールを連れてる人を見ました。
 窓際は主にウィッグ&靴コーナー。シリコンキャップもここに並んでます。
 左の棚はセール品満載。ウィッグがやたら安い! がサンプル画像がないのでなにがなにやら・・・(笑)。その横のネットに掛ってるのは通常販売の衣装。
 撮影コーナーその2と展示モデル。
 
 撮影コーナーその3。なぜかクマだらけ。LUTSの店内の素晴らしいところは、お客さんが荷物を入れられるように籠が置かれてるとこ。レストランみたーい。店員さんが日本人だとこういうところが違うなと思ったり。
 撮影用に家具が充実してます。
 ZUZU達の酒盛り。ワンカップが並んでます(笑)。
 モデルさん達が並ぶ棚。お、これ閉じて帰れば埃よけになって便利ですな。
 モデルさん詳細その1。 
 モデルさん詳細その2。 
 もう片方の同じ棚、ZUZUの棚は・・・とくにですが、上方のスペースの余り方が・・・(笑)。
 ZUZUは一気に種類が増えましたね〜。他のメーカーさんでもアニマルドールはたくさん出ていますが、LUTSはヘッドも衣装もほぼ毎回違うのが出るのですごいと思います。
 お、この青いウィッグはうちにもあるぞ。ファンタジーっぽくはあるものの、キャラっぽくない微妙な青い色合いが気に入ってます。
 
 このときの一番の目的、BORYを生で見る事。い、いなすったぁ〜ということで初生BORY。あ、ちなみに向かって右がBORYです。
 
 下まつ毛すごいな・・・これデフォメイクかな? 眉はもうちょっとやらかい色のほうが好きだな〜瞳の色をレジンにして〜ウィッグ変えて〜(早く買え)。
 横顔は、あれだな、韓国ドール特有の「違和感」は確かにある。死角というやつね。まぁでも正面顔かわいいからいいかも〜。
 もう一人実際に見たいドールがいたのですが、この時点ではいなくて残念、早く日本にモデル派遣されないかな〜。 
 モデル:大きいお兄さんその1。
 
 モデル:大きいお姉さんその1。
  モデル:大きいお兄さんその2。
 棚に入ってる小物。なんか色々揃ってました。
 このスペース、ここが驚きの待合室(?)、です! 来店したら、好きに使えるスペースです。この左手奥がオフィス、正面のパーテーションの奥がストックルームになってました。原宿SOOMの5倍はありそうな店内なのです。
 
 出入り口横に設けられた「ご自由にお持ち帰りください」コーナー。限定BORYのポスターが無料配布されていました。記念に・・・もらってきた(笑)。この横にウォーターサーバー有。至れり尽くせり。ボークスでもここまでやってないサービス精神。居心地の良い店内、でしたが・・・いかんせん週一、ごく短時間の営業ではあまり利用できない。その日が休みじゃない人は有給取らないと一生行けないわけで・・・。せめて天使の里くらいの勢いでオープンして欲しいな〜と思ったり。
 個人的には撮影スポットの充実より、通常の商品ラインナップが「ええ!? こんなに!?」くらいの勢いでがっさがっさ並んでいて欲しいと思います。折角広い店内なんだし〜。買えるものいっぱいなほうが嬉しいです〜。
 次に行くのは・・・見たいモデルが来た時か、欲しいものがあって急に必要になったときか・・・。うちから行くと韓国からの送料分くらいの交通費がかかるんで、実際行く機会はそんなにないと思います〜。

 SOOMがこれくらい広かったらな・・・と思いつつ、でも原宿のほうが便利だよな・・・とも思ったり。うまくいかないっすね〜。

free counters