event report

Huis Tenbosch 2008
 まずは一日目の夕方からのテンボスイベントの模様。えーこちらがディナーパーティ会場となるユトレヒトプラザ。・・・看板がババンと設置されていました。パーティはホテル内ではなく、ホテルから徒歩五分のところにある別の場所で行われました。窓に映っているのは「入場を待つ人の列です。ちなみに、この時点でもうなんか「今日は無礼講」な空気が流れており、パーティ会場までは一般客の目に触れまくる状況ではありましたが、ほとんどの人がSDをむき出しのまま抱っこして会場に向かっているもんで・・・なかなか視線が痛い感じでした。私は一応バッグに入れてましたが、同じ列に並んでたら同じ穴の狢ですから(笑)。もうたぶんみんなそういう気持ちの箍は外れてしまったんでしょうね〜。
 この建物はレストランが集まったモールのような建物の中の一階部分、奥の方に設けられた場所で、この画面の左方向にはモール内の通路があるので、レストランを物色しに来た一般客からは列を作っている人達が見えるわけです。会場に入ってしまえば中は見えないようになってましたが。
 ちなみに、別に並ばなくても入場は可能なのですが、披露宴のときのように名前のカードが席に置いてあるというような仕組みではないため、今回は五人組参加していたため早めに行かないと一緒に座れないかもよ〜と少し早めに会場に行きました。案の定、一日目の教室の時間が押してしまい、パーティ開始ぎりぎりで会場にやってきた参加者は空いている席をみつけるのが大変そうでした。下手するとお友達と一緒には座れなかった人達もいるのかもしれません。
 マーシャの看板はともかく、向かって右側の看板は四箇所くらい会場の近辺の街角に設置されていて、通りすがりの人々が「???」という感じみつめていました。内容読んでも意味わからんですしね(笑)。パーティが開始されてもこの看板は鎮座ましましていたので、会場傍を通りかかった一般客が、「貸切みたいよ〜えぇ? 誰? 誰が来てるの?」と憶測で盛り上がっていましたが・・・いや、そういう意味では誰も、来てないんですよこのイベントは(笑)。
 中身は実は社長の息子、というのをシャッチョさん自身がイベント後ホテル内で会った人達に暴露してたそうです。そーなんだ(笑)。「ハウステンボスから素敵なゲストが!」と紹介されて出てきたチューリーちゃんですが、そのあまりの知名度の低さに「・・・あれなに? しらなーい」的空気も流れつつ、おまけに「マーシャ仮面は!?」という空気も当然流れましたが、シャッチョさんが「今日はチューリーちゃんに芸を仕込んできましたよ〜」と、喜びのポーズ、悲しみのポーズ、みたいなのを一連やらせていたのを見て「・・・マーシャなしか」と諦めた次第。あんなにひっぱった後にマーシャってことは無いと思ったんですよ。
 お友達は中身が誰だか知らなかった段階で「あのチューリー役の人は動きにキレがないね。テーマパークの人としてはちょっといまいち」みたいなことを言っていましたが、中身がトーシローではすっかたなかんべ。
 きっと人形を座らせておく場所なんてないんだろうな・・・と思っていたのに、やはりホテルに着いてからは気分が高揚してしまって何故かみんな13少年やら17少年やら16少女やらを抱えてパーティに向かってました。私も会場に着くまではグリちゃんだけディナーに行く予定でいたんですけどね・・・。はしゃいでたんだなぁ(笑)。幸運にも座っていたテーブルにひとつ空席があったのでそこにもりもり座らせていました。
 見た感じパーティにSDを連れてくる人はけっこう多くて、複数体連れてる人も少なくありませんでした。やはり幼連れが多かったのは確か。で、実際幼じゃないと無理です(笑)。
 「やればできるアラン」と呼ばれていたお友達のカスタム後アラン。みんなでけっこうちやほやしていた感が。・・・デフォののんびりしてる感じが払拭されてヤリ手の若社長に!! 手に持っているのは私が持参したSDサイズゴブレット。でも17少年が持つとなんか小さいなぁ。
 ゴージャスなホテルディナー!というようなものではけして無かった夕飯の模様。とにかく、次のお料理が運ばれてくるのが遅いので、テーブルは常に何も乗ってない時間が多く、ビジュアル的に満たされない展開(笑)。手前のは茶碗蒸し。味は・・・まぁ、普通っすね。奥では今長崎名物皿うどんを取り分けているとろです、ちなみに全て客自身がやらねばなりません。中華料理店だってちょっとまともなとこいけばとりわけてくれるのにサー。私が一番ショックだったのは、席に案内してくれたお兄さんが、着席するときに椅子に手をかけていたので、座るのに合わせて動かしてくれるのかと思ったらそんなかったこと。なんでやねん。雰囲気が良いだけにそのレベルを何か期待すると、ことごとく裏切られるそんなディナー。え? うん、でもまぁ、そこメインじゃないからべっつに♪ とにかく炭水化物と魚介類が好きな人じゃないと致命的なメニューだった気がします。なんたって・・・パイの後にピラフ、その後で皿うどんですから。重たい。みんな言ってましたが、量は少なくてもいいから、質の良いものを並べて欲しかった。うん、でもまぁ、そこメインじゃないからべっつに♪ 
 パーティ終了後ホテルに戻って、暗いっつの!といいつつ撮影はしまくる参加者魂。ロビーに置いてあった生花の前で撮りました。なんとなく不思議だったのは、この日ホテルに活けてあるお花たちが、どこにあるものもどっちかってゆーと和風の活け方になっていて、ホテルは洋風なのになんでここだけ微妙に和風?と気になってました。
 ここはロビーの真ん中、周りには豪華な雛壇が飾ってあたりもしましたが・・・今更桃の節句には興味がないのでまったく撮影せず。
 お友達のアメリ男。ぐあー素敵!! この衣装私も欲しかったんですがー、結局買わなかったので間近で見れてよかった。つかすげー似合う・・・。
 若きコマンダー、航海に出る前の晩餐会の模様といった雰囲気。この方ボークスのスタッフさんにも評判がよくて「この服はどうしたの?」とシャッチョさん&奥様にも聞かれてましたが・・・そんなとき「あーこれは韓国の・・・」というのがなんだか言いにくいなと感じました。衣装やウィッグなら別にいいんだろうけども。
 そしてコチラも別のお友達のアメリ男、と言いたいところですが、残念ながら(まことに)16少女ボディの女子でした。衣装はクリスタルのデフォ。えぇ〜これ男がいいじゃん男男男男ー!と周りで言い続けていたのは言うまでもない(笑)。
 下に映っているのはカフェ兼レストランで、ケーキを食べたりもできる場所です。朝はここを含め数箇所で食事をとることができますが、他の場所は微妙に離れていたので、私たちはここで食べました。正直ディナーよりも質が高かったアサメシ。
 お友達の「私のホテルにようこそ」的ウィル。それかもうホテル内に部屋持ってるセレ部。ダウスタラニスマントがよく似合ってました。
 調度品の雰囲気が良いので、なかなか素敵な画像が撮れる・・・はずなんですが、いかんせん夜なのでどうもうまくいかず。私は昼間はホテル内では一切撮影しなかったんで、ちょっともったいなかったかもしれません。が、その分お城や庭園で撮影したかったので〜。
 ディナーには連れて行かなかったミニ二人のお留守番風景。翌日は出番多かったから!!
 次のページはワンオフの画像です。
続く