detail

grigori
name:grigori〜グリゴリ〜
base type:スウィートドリーム鈴菜
custom:ゆきボディに変更しました。
encounter:SEP 2005

名古屋ドルパでは見送ったというのに、アフター直前に欲しくなりお迎えチャレンジ。ものすごいクジ運に恵まれ無事にお迎えできました。初めての幼SD。

演出テーマは「グリゴリ=眠らぬ者、見張る者、の意を持つ天使」。眠っちゃいけないんだけど・・・眠いのががまんできないアウトローなヤツ」。

「目指せ甘くない甘夢鈴菜!!」

 という、なんだか本末転倒なテーマに則り、とりあえず「かわい〜♪」という感想が漏れずに「うわ〜・・・これでデフォですか?」というような幼SDを目指し演出を決めたうち初めての幼SD、鈴菜。新たな天使キャラクターとして、elvesgateのアクセサリーモデルとしてお迎えを考え出したら妄想が止まらなくなり・・・気がつけばアフターに参加していました。名古屋ドルパでの限定さんだった彼女は、会場で真っ先に売り切れたほどの人気者でしたので、こりゃもうかなり手に入る確率が低いんじゃなかろうかと思っていました。無理かもね〜と。そう、あの日、抽選方式のアフターだというのに、購入列の先頭に躍り出た瞬間までは・・・。いや〜勲のときのクジ運も相当なもんだと思いましたが、今回はある意味それを凌ぎました。なんだか自分でもわからんところでご縁があったようですね。うちに帰って早速、「ほ〜らもうこれでかわいくないわ!!」というかっこをさせつつプロフィールを書いています。ああ・・・うちに来たのが運の尽き、がんばってください鈴菜さん(笑)。
 お迎えを決めてからというもの「ヅラ、服、靴はどうするよ・・・」とちょっと考えてたんですが、結局お約束のリケ通販で揃えることにしました。ただ服がねぇ。幼SDの服といえばそりゃもうこれが可愛くなくてなんだっつーのさ、というほど甘いものばかり。違うんだ! それじゃだめなんだ〜! と思ったところで本当に無いのです、甘くない服。かといってやはりカジュアルではどうにもこうにも。なので、お洋服に関してはまとまるのはまだ先になりそうです。でもまぁ、きっと「これだぁ〜!!」ってのがみつかると信じています。気長に探そうかと。
 さて、「ルシファー」・「ミカエル」に引き続きうちの鈴菜は第三の天使として欲しかったので、設定はこまかく作ってあったりします。大まかなものとしてはその役割。グリゴリというのは今までの二人の天使のような固有名詞ではなく、ある役目についていた天使の一団の名称です。「眠らぬ者」という名前を持つ彼ら、・・・寝てる鈴菜にはぴったりじゃ〜あ〜りませんか!! 天邪鬼な私はこういう皮肉な名前が大好き。しかもこの響き・・・かわいくないことこのうえない! ということで、グリゴリちゃんに決定しました〜。長いのでグリちゃんでいいかな。さすがにゴリちゃんは・・・(↓)。
 グリゴリは九つあったとされる天使の階級のどこにも属さないまったく異質の階級や役割を持った天使とされていて、言わば天界の軍部の中の別働隊という感じ。彼らのしでかした行為といえば、掟破りの連発で、人間に肩入れするあまり「文化・知識」を与えた挙句、ノアの娘達と結婚してしまい、最悪なことに生まれたのはティアマトという化け物だったのです!というもうどうしようもないオチ。ノアの箱舟が必要になったのは、この化け物を地上から一掃するための大洪水が起きたからだったとか・・・迷惑極まりないですな。そんなアウトローな彼らはミカエルやラファエルにより監禁されることになるのですが・・・。
 うちのグリちゃんとしては、そういったトラブルにさえなんの興味もなく、ひたすら「だって眠いから・・・」と寝てしまうほどマイペースな天使、ということで唯一罪には問われなかったグリゴリというのが設定です。何も起さないが、なんの役にも立たないマスコット的存在です(笑)。