gallery

enigma
 一回やってみたかったお部屋風セット。しかもアジア風じゃなくて洋風。使えそうなものを揃えてたらそれなりに集まったので今回撮ってみました〜。
 手元が淋しかったので・・・なんか無いかとうろうろしていたらこのうさぎと目があった。なんとなく抱かせてみた。この人一体何歳なんだろうという感じになった(笑)。
 実は今回の主役はこのインコ!(笑) ドイツのメーカーが作った超リアルインコ。この人いるだけで画面が引き締まります〜。ブルーのもいたのですが、とりあえず黄色いのだけ買ってみました。
 遠い目をさせるためにアイを替えました。シリコンの15mm。かわいくなりすぎた!! しかし・・・白肌の撮影しにくさに泣かされっぱなしです。まだまだうまく撮れません。
 足元の白い兎は貯金箱。お金は一円たりとも入ってませんが。
 白い衝立¥1050、窓風鏡¥1050、カーテン¥1050、今回お部屋風にするために買ったメインの小道具は全て¥1050均一の雑貨屋さんで買ったもの。衝立にラッピングペーパーを障子の要領で貼り付けたら雰囲気出ました。もう一個買ってこようかしら。
 本当は幼SDで撮影しようと思ってたんですけど・・・なんとなくお兄さんで撮りたくなってしまった。
 ふっ、一人暮らしではないのさ(笑)。ファンシーな雑貨をばかばかしい程並べたらどうなるかやってみたかったのですが、白い兎がシュールになっちゃってあんまりファンシーって感じじゃなかった・・・。おっかしーな。
 この二人は年齢差がものすごーくある(妖精時間だから)設定なのですが、それが顕著に現れた画像になって個人的にはお気に入り。
 インコ・・・、このインコは落語を諳んじるという設定、とかは別にいらないのに色々考えてしまう私。小学生のときに十姉妹飼ってましたがインコは未経験。中にはしゃべるのもいるんですよね〜そういうのいいなぁ。
 ・・・オーリンさんの服がもう少しすっきりしたもののほうがよかったなと今更思ったり。
 このセットはいずれディーラーブースで使ってみたいと思います。