gallery

claussette
 友人が持参したデジカメで撮ってくれた全身画像です。顔の色と首から下の肌の色が違うのは目の錯覚でもなんでもありません。実際会社が違うのでこうまで質感がちがってしまってます。あ〜ちゃ〜。
 ストレートに加工したウィッグはこうして散らすといいかんじなのですが、実はかなり不揃い。縦ロールをお湯パーマしたあと、バサバサに丈の合わないウィッグをフツーの文房具のハサミで切っていたらすんごいことに!! 丈を合わせるのって難しいですね。自分でやってたらスーパーロング丈がボブ丈になってしまいそうで怖くなりましたよ。
 この画像では無害そうに映ってますね。かわいらしい妖精感が滲み出ていてこれはこれでとても好きなんですが・・・。この後で自分で撮影した↓を見ると・・・。
 怖い!! 圧倒的に怖い!! でも私はこれくらい「なめたらあかんぜよ」的な迫力がエルフには欲しいです。私の中での妖精って別にかわいいもんじゃなくて、綺麗なだけに、人間離れしてるだけに何考えてるかわからんというのが好きです。妖精が自然を守護するという存在なら人間に甘いわけがないので・・・やはり森に踏み入った旅人くらいは平気で迷わせて帰れなくするくらいは洒落程度に考えてなきゃおかしい。でも正直なきこりには湖から出てきて、金の斧銀の斧をぽ〜んとくれるくらい意味不明で気まぐれなのがまたおもしろいのです。
 あ・・・ネックレスのトップが裏に回ってしまってた!! これじゃ磁気ネックレスですわ!! ま〜いいか。
 ヤフーオークションにサークレットを出品したときに撮影しました。ゴムがゆるいので腕が下がってきてしまうのをなんとかこらえていただき撮りました。出品したサークレットはシルバー製でこれはタイガーアイがはめ込まれているものです。同デザインでムーンストーンを使ったものをいつも彼女につけています。
 クローゼの身に付けているもので一番高いのがこのサークレットということになります。なんせ服は和紙っすから! あ、でも胸元の造花もけっこうしたなそういえば、う〜ん造花のほうが高額だったかもしれません。