detail

Ciel
name:Ciel(シエル)〜Sサイズ
base type:幼SD ネオン
custom:ゆきボディを鈴菜とシェア。
encounter:MAR 2008

生で見てから買うかを決める!とちょっと慎重になりながらも、やはり第一印象から決めてました!な流れに。ほぼ三年ぶり、二人目の幼SD。

演出テーマは「Sサイズの伯爵様」。キャラドールとして買ったわけではなかったんですが・・・心境の変化でいまやそんな感じ。

「脱うぶ肉を唱えて幾星霜」

 幼SDはその名の通り幼児がテーマのお人形、その年頃の子供を表現する上でボークスは「ふっくらした頬」に具体的な愛らしさを求める傾向にあり、その方向性で行くと私の好みとは正反対の演出ばかりが際立つ幼さを持つ幼ばかりが作られる結果となり、よって・・・初めて買った甘夢鈴菜以来、うちには2005年からこっち一向に幼SDが増えなかったという歴史がありました。
 それでも、「鈴菜とはイメージの違う別の幼SDがもう一体は欲しい」と願い続けて来たものの、なかなか自分の理想に当てはまるものが登場しなかったのですが、2008年ついにネオンが登場。笑ってない口元、やわらかさの表現は持ちつつも膨らみすぎてない顔、大きいが垂れてない目元、意思の強そうな眉毛の角度、このどれが欠けてもダメだった私にとっての「幼SD」の条件に見事に当てはまるその容姿に釘付けになりました。が、一点だけ気になる点があって、それがこの↑オープンマウス。正面から見たときにあまりにもぽかーんとした顔になってしまうとちょっとな〜と思い、一応「手にとって見てから決める」ということにしておき、ドルパではスルー、そしてアフターで購入という順序になりました。このへんは鈴菜と全く同じ流れでした。

 で、当初、「妖怪チーム」を結成しようと目論んでいた私ですが、メンバー構成のプランが頓挫したことで、この企画は一旦中止とすることに。そのときに「化け猫」要員だったネオンですが・・・その後ぐらんぐらんに転げ落ちた作品のキャラドール、のちびっこサイズとして設定が変わりました。なんかそんな服しか着せなくなっちゃったんで・・・ふふ・・・。