detail

aurora
name:aurora〜エローラ〜
type:D.I.M Happy Flowne
custom:メイクカスタム済
encounter: Apr 2008

40p級の妖精耳が増えるのはほぼ3年ぶりです。
見た途端に双子にしたくなってしまったヘッドなので・・・少年バージョンか肌色が違うバージョンが出たらソッコー増やす所存。

演出テーマは「夜の星を払い暁を連れ現れるローマ神話の女神アウロラ、それが語源となったオーロラのように常に色を変え捉えどころが無く揺らぎっぱなしのふわふわしたお嬢さん」。

「突然変異にしてやられる私」

 ドールメーカーには、当然のことながら各社の商品にはそれぞれの特徴があり、その方向性がぶれないメーカー程、初見で「あ、好みじゃないなここ」と思ってしまえばそれで終わり。いくら美しいと思っても、実際に購入を考えなければそれ以上の興味は湧かないものである、が、しかし・・・どんなメーカーにも転換期があり、今までにない方向性の商品を打ち出す瞬間が必ずやってくる。その新しい方向性がツボ刺激800ガウスの威力を持って登場してしまったら・・・元々の造形美には惹かれていただけに、確実に、してやられることになる。
 そして、このFlowneもその流れ。D.I.Mのドールは、メーカーを知ってからも一度も欲しいとまでは思ったことがなかったというのに、突然妖精耳を三種類も発表されちゃって、しかもその中に激ツボのヘッドが・・・。サイトで公開された商品の詳細画像の演出方法が素晴らしかったこともあり、その魅惑的なプロデュース力の前に膝を折り白旗を振る私。販売が開始された当初は、いつまで購入が可能な商品なのかがよくわからなかったこともあり、かなり早い段階でボタンを押していました。だってかわいかったんですものっ(涙)。
 あまりにヘッドが好みだったため、肌色違いで揃えたり〜性別違うバージョンで揃えたり〜をすぐに考えた私ですが、残念ながらその両方が選択不可だったため、とりあえず一人だけオーダーした次第。いつかこのどちらかか、その両方か選べるようになるといいな〜と思います! 本当に好きな顔なので!! 耳の形もかわいいし!! なにより、外せないのでパーツを無くす心配がないのはほんとにイイですねぇ。

 登場したときの画像が、全三種いる妖精シリーズの中でも一番ぽやぽやしていてかわいらしいイメージのお嬢さんだったので、比較的そのままの演出でお迎えしたーいと思いつつ・・・公式画像のメイクはそんなに丁寧な仕事っぷりには見えなかったため、素ヘッドのまま注文し、メイクはお友達にお願いしました。公式画像でも充分かわいいドールでしたが、仕上がったメイク済みヘッドを見て以来公式を超えるそのぽやぽや具合にひたすら顔が緩む日々。ぐはーかわいい! 本当にお世話になりましたー!

 名前の由来は、極光と呼ばれるあのオーロラ。でもそのままだと他にも同じ名前でいっぱいいそうですし・・・そこで思い出したのがディズニー映画「眠れる森の美女」の主人公、オーロラ姫。劇中で彼女の名を呼ぶときの発音をカタカナに直すと語源の「アウロラ」よりも「エローラ」に近いので、オーロラを英語発音するときの音、ということでエローラ。なので綴りはAURORAでそのままです。