detail

arjuna
name:arjuna〜アルジュナ〜
type:Soom Super Gem Heliot
custom:デフォルト
encounter: AUG 2009

 SOOMの魅惑のMDシリーズ、初めての一体目をオーダーして、まだそれが届かぬうちにまた心臓を打ち抜かれてしまいましたとさ・・・ってこれある意味抜け出せないループな気がしてきましたけど、まいっか!! 楽しいから!

 演出テーマは「神様」(漠然)。常に後光が差してる男です。神様なので理不尽で我侭で気分屋で最強です。理屈は通じません。お気に入りの貢物は乳香です。嫌いなお香を渡すと安易に雷を落とすので注意。
「ドール人生において、最も待たされた男」

 SOOM販売方法でいまやお約束なのが、英語サイトでの先行販売。しかし実はこれ、Heliotがデビューしたときから恒例になってしまったお約束なのです。丁度日本にお店がオープンするという記念日にデビュー時期が重なってしまったため、店舗に実物を展示してそれをお客様に直接見てもらえる段階で販売を開始しようという企画が立てられ、それが実行されたわけですが・・・ここ気になったのが、英語サイトに踊る「早めにオーダー締め切ることもあります」という文字。お・・・おいおい・・・もし販売日までに海外で売れまくって日本での予約が間に合わなかったらどうしてくれるんだー!! と気持ちは焦るばかりで・・・結局直接問い合わせて得た「締め切ることはない」という返事をもらってもまだ落ち着かないあの感覚。本当に欲しいと思ったら、すぐにでもオーダーしとかないと安心できないんですもの〜(涙)。その後、無事にオーダーを済ませて後は待つのみ、と当初は待っても四ヶ月くらいかな?と思っていたのですが、実際待った期間はほぼ八ヶ月(笑)。いや〜待った待った! でも、待ちくたびれたというわけではなく、待っただけのことあった、と心から思えるほど美しいHeliotを見て、今はもうひたすら買ってよかったなぁと幸せを噛みしめるばかりです。
 妖精耳ドールを集めている私ですが、それと同じくらい実は角ありドールも欲しかった。ものの・・・いままで見てきた他社製の「角」は丈が短くデザインも貧弱でいわゆるユニコーンのイメージからは程遠いものばかり。悪魔的なイメージの角はあっても、私の欲しいものではなく、どっかが出してくれないものかのう〜と思っていた、ら、大本命のSOOMが出してくれまして、顔も好みでしかも耳が尖ってるという願ったりかなったりなHeliotを見たとき、あまりの感動に本当に叫びましたヨ。こんなことあるんだ・・・って。
 これ以上の「ユニコーン」はこの先きっと無いと思います。まぁ・・・でも・・・SOOMならあるかもなので、引き続きSOOMEDでがんばりたいと思います。この時点ではまだHeliotと同じ「光属性」のちびっ子が発表されていないので、万が一ユニコーンなちびっ子が出てしまったらまた即死決定でしょうけどね。やーもうそれを心待ちにしている状態なので、早く見たいです〜。

 名前の由来はヒンドゥー教の聖典「マハーバーラタ」から。弓の名手で「Shwethavahana=輝ける馬の一頭」という異名を持つ英雄アルジュナのイメージそのままで。いざというときは狙った獲物は逃さない一撃必殺が信条の彼。でも特定の人の言うことだけは素直にきくのでTopazには絶対服従です。極度のめんどくさがりなので普段はあまり何も考えずボーッとしています。ゴッドマスターの仕事ってなんだろうね・・・。