on→off

St.Christophers Garden
 2010年1月20日、セントクリストファーガーデンにて当サイト主催の第十八回ドールオフ会を開催いたしました。こちらではその模様をご紹介いたします。当日参加いただいたオーナー様は20人、ドールは30体以上(参加者リストはコチラから)とかなり賑やかな会になりました。今回もたくさんの方にご参加いただき嬉しい限り。本当にありがとうございました。
 
 まずは今回連れてったうちのドールから。天気がよかったので、ベランダで撮影してきました!
 
 リフォームしたリケの靴と一緒に。かなりシンプルにしました。あんまり盛ると小さい子の足には少し邪魔。
 嗚呼、今にも脱げそうな靴(笑)。このウィッグはLeekeでこの子をイメージして選んだウィッグです。届いてみたら髪の広がりがこの倍くらいに爆発しててこりゃいかんということで、とりあえずお湯をぶっかけてみてなんとかならんかとやってみたんですが・・・ぶっかけ始めてからハタと・・・「これ、耐熱ウィッグだったかのう」・・・と。でももうぶっかけちゃったしな、でやってみたら、まぁ大丈夫だったんですが、前髪だけは結局あまり落ち着かず、急遽百均でヘアピン買ってきて押さえてみました。
 
 はい、ではこっからは会場の様子です。本日のメニュー、

+サンドウィッチ(4種)
 ・純正スモークサーモン
 ・英国産チェダーチーズ
 ・平飼有精卵
 ・キュウリ
+自家製イングリッシュスコーン
 ・ストロベリージャム(瓶入り)
 ・クロテッドクリーム
+ミニイングリッシュパイ
+パティシエ特製デザート(4種)
・ふじリンゴとフルーツハーブティーのゼリー(長野県小布施産のリンゴ使用)
 ・ストロベリーチョコケーキ
 ・洋ナシのフルーツタルト
 ・ハニージンジャーのフェアリーケーキ(オーガニックジンジャー、オーガニックセサミ入り・国産はちみつ使用

 とても一気に食べきれないので、間一回遊んでからまた挑むくらいにボリュームあるセットでございます。
 小さい子が横にいるとまるで童話のお菓子の家のような画になります。
 
 この子、カノンというのを聞いて初めて誰かわかりました。いや〜ほんとメイクで変わりますね。
 イングリッシュアフタヌーンティーの風景にチャイナ服というのはオツですな。
 メーカーもサイズもバラバラのドール達。ですが、オフ会ならではの光景でこういうほうが楽しいですね。いろいろな人がいろいろなドールの中から自分だけの理想を探し出す作業をしていなければありえない風景なので〜。みなさんの情熱の結晶。まさに圧巻。
 この日はちっちゃい子が多めでしたね。あまり大きな荷物を持って入れない会場なのでそのあたりはある意味必然なのですが、やはりちっちゃい子は運搬が楽でついつい・・・そんな私もちび三人で。
 は〜お人形ってほんと優雅でいいすね〜見ててほんと飽きません。
続く