on→off

Country House Windsor
 2011年3月5日、カントリーハウスウィンザーにて当サイト主催の第二十六回ドールオフ会を開催いたしました。ちなみに今回は「BLオフ」括りでは二回目の開催。
 こちらではその模様をご紹介いたします。当日参加いただいたオーナー様は27人。今回もたくさんの方にご参加いただき嬉しい限り。本当にありがとうございました。
 
 けして黒オフではないのに、ノリと付き合いがいいお友達のご協力により、前回を上回る黒い集会になってました・・・というのをご紹介するだけのレポです。参加者様は27名、そのうち黒コスのドールを連れていた方は五人いないのにこの展開。いやはや・・・友達っていいね(涙)。ということで、私が楽しいだけのレポですが、一緒に楽しんでいただければと思います。
 あ、ちなみにこの光源氏はU期のヘンタ・・・いえ、ゲフンゲフン、クロードさんでございます。ふ、ふちなし眼鏡!! 手すりの上でタップ踊って!!
 
 隣はSDアロイス。アロイスは太もも具合をリアルに表現するなら絶対SD。MSDよりむちむちしてるかんね!
 
 NHKの番組ですでにご存じの方もいるかと思いますが、あの時出ていた駒鳥ちゃんです。もちろん男の子ですが。時間があればうちの坊ちゃんも一緒に出演させていただきたかったのですが、あの時期はドルパ以外に休みが全く取れない状態で泣く泣く諦めました。そのときのものすごい誘い文句が「小野DがHNを読んでくれるかもよ」でした(笑)。や・・・やめてなにそれちょっと憧れるシチュエーション! でも諦めました。まぁ・・・あのときはBORYもまだおらんかったしね・・・しゃーないね。
 
 本当はこの身長差は・・・ヘッド一個分坊ちゃんが小さすぎるのですが、体型的にこれ以上大きいと好みのボディもヘッドもみつからず結局ここに収まった。大きいより小さい分にはいいような気がして。ひょいって抱えあげられる感覚が出ないといやなのよ!!(マニア)
 前回「総執事」で記念撮影した場所です。この日は天気よくて良かった! 良い写真いっぱい撮れましたから!!
 
 駒鳥ちゃんオーナーさんがこの日のために自作した「家庭教師セバスチャン」の衣装。でっかい箱を用意して黒ひげ危機一髪的に剣をぶっさしてみたくなりますな。カッコイイ・・・眼鏡&眼鏡チェーンの組み合わせ・・・。モデルはレイズナー。うちの執事も銀貨チームになったことで、更に共通点が増えましたね(笑)。
 
 そういえば、駒鳥ちゃんとうちの坊ちゃんは両方共LUTSのKID DELF。ヘッドの種類は違いますが、「シエル」を探求するファン同士、同じメーカーというのは別に示し合わせたわけではないのです〜偶然です〜。でも選んだヘッドは違いましたね。ようするに、坊ちゃんに何を求めてるかが違うんですよね〜。ちなみに、駒鳥ちゃんのオーナーさんはシエルファンで。私はセバスチャンのファンです。え、それがどうしたって? いや・・・別に・・・なんとなく・・・。
 この二人の末路って、幸せだったのかそうでないのかが未だによくわかりまへん。
 
 ここに駒鳥座らせて! 両方から執事並べたいの!! という私のわがままに付き合ってくれたオーナーさん(笑)。
 こういう表紙の高くて薄い本がありそうな感じですが、私はまだ見たことがありません。あったら教えてください(笑)。
 
 駒鳥ちゃんの靴、T期のDVD第二巻の表紙を見ないとわからない飾りがちゃんとついています。こ、細かい・・・でも確かに・・・あの飾りはものすごく、ものすごーく良かったッ!! あとシエルの脇(やめい
 
 アンニュイなアロイス。でもこのあとすぐさま「オーレイ♪」をやってくれそうです。たぶん。
 
 この衣装、オーダーで作っていただいたものですが、その出来栄えに絶句。正直、今迄あそこまで丁寧に作り込まれた衣装を見た事がありませんでした。まさにマイスター。私も・・・セバス燕尾服オーダーしないとな・・・。
 
 真ん中をい、れ、か、え、た。
 うちのセバスチャンの生っぽさがすでにホラーの域。
 
 あまりにもリアルなのでそこだけアップに。志村後ろ―!的な、ね。うん。
 いいとこに遭遇。かわえぇな駒鳥。鎖骨が見えるってのがね・・・あと脇の下(こだわる)。
 
 全然関係ないですけど、「シエル男の娘本」というのを見たとき「・・・それある意味根底からダメじゃん!! 色々!!」と思ったんですが、いかがでしょうか? ま、買ったんですけども(笑) だって・・・好きな作家さんが描いてたからさ・・・。
続く